万が一のときのためにそなえる

万が一の時、家族はどうなる?

わたしたちは、健康に暮らしているつもりでも、いつ事故に遭ったり急な病気で倒れたりするか、わかりません。このような事態は、誰においても起こりうる可能性があり、そのような、いざという時のために備えるのが生命保険です。

もし、ご主人が亡くなると、残された奥さまが1人で子どもを育てることになります。保険がなければ、奥さまの収入だけで、残された家族の生活費と子どもの教育費をまかなわなければなりません。想定外の急な出費があったり、奥さまが働けなくなって収入が減ったりすれば、家計は破たんしてしまうでしょう。残された家族の生活を守るためには、保険で備えることが必要なのです。

一家の大黒柱はご主人が多いので、奥さまが亡くなったときの経済的ダメージはそれほど大きくないかもしれません。しかし、子どもが小さければ、夜遅くまで開いている保育所に預けるなど、これまではなかった子どもの出費が生じます。また、奥さまが働いていた場合は、その分の収入が減ってしまいます。奥さまが亡くなっても同様に備えは必要になるのです。

自分の家庭にどれくらい保障が必要かは、無料で教えてくれる提携ファイナンシャル・プランナーに相談にゃ。

生命保険の種類

生命保険は大きく3つの種類があります。

  特徴 メリット イメージ
定期
保険

一定の保険期間内に死亡したときのみ死亡保険金が支払われる。

契約更新すると一般的に保険料があがる。

掛け捨ての保険なので保険料が安い。

定期保険
終身
保険

一生涯死亡保障が続く保険で、貯蓄性がある。

保険料は一定で、解約時に現金を受け取れる。

貯蓄性が高く、解約する時期によっては銀行より利率が良い。

終身保険
養老
保険

満期までに死亡した場合は死亡保険金が、死亡せずに満期を迎えれば同額の満期保険金を受け取れる。

満期には必ず満期保険金を受け取れる。

養老保険

それぞれ特徴がちがうので、自分の目的にあった保険を選ぶことが大切です。

「自分にあった保険」が何かわかれば悩まにゃいにゃ。。
どんな保険があるか、どれが自分にあうかは、経験豊富なファイナンシャル・プランナーに相談にゃ!

無料保険相談のお申込みはこちら 無料保険相談を申込む ー お電話でのお問い合わせ・お申込み ー
プライバシーマーク(Pマーク)
トップへ