資産運用をしたい

保険で資産運用できるってホント?

資産運用といえば株、為替、投資信託、FX、不動産など、手段はたくさんあります。ただ、投資=ハイリスク・ハイリターンのイメージがあり、興味はあるけどちょっと難しそう。かといって銀行で貯金しても、低金利が続いているのであまり増えません。

そんな中、生命保険での資産運用する人が増えているのをご存じでしょうか。

 

資産運用に向いている保険の種類

学資保険

子どもが産まれたら学資保険!
満期を大学入学時に設定すれば、払った保険料の110%前後で受け取れます。大学入学時の費用のかかる時期に、まとまったお金を受け取れるので、ムダ使いする心配もありません。

例)毎月20,000円を18年間払うと、元金432万円で475万円になります。

終身保険

終身(一生涯)の保障がある生命保険ですが、実は資産運用にかなり向いています。その裏ワザは「短期払込」。一生涯にわたって保険料を払うのではなく、短期間で払い終える方法です。払い終わっても保障は一生涯続くうえ、この保険を解約すると解約払戻金を受け取れます。そのタイミングによっては、元金の140%前後になるものも!

例)毎月40,000円を25年で払うと、元金1,200万円で1,680万円になります。※解約するタイミングによります。

個人年金

公的な国民年金とは別に、個人で自分の老後資金を貯めるための保険です。あらかじめ決めておいた年齢(例えば60歳、65歳など)になった時から、一定期間(5年、10年など)あるいは生涯にわたって毎年年金が受け取れる保険です。なんと元金の128%前後になるものも!

例)毎月20,000円を40年間払うと、元金960万円で1,230万円になります。

養老保険

満期時に死亡保険金と同額の満期保険金を受け取れる保険です。実はこの保険が流行したのはバブルのとき。当時は利率がとても良よく大人気でした。この頃の保険は「お宝保険」と呼ばれています。今でも、加入するタイミングにもよっては、満期保険金が110%前後になるものもあります。

例)元金454万円の払込で、満期時500万円受取れます。

 

なんで保険で運用ができるの?

保険は万が一のことがあったときに役立つもの。そのイメージは間違っていません。では、なぜ保険でお金を増やせるのでしょうか。

それは、保険会社が集めた保険料を運用しているからです。その利益を契約者に還元するので、払った金額より増えるのです。

保険でお金を貯めるメリットは、加入時の予定利率で受け取れること。もし景気が悪くなっても、景気がよいときに加入した保険は当時の予定利率で支払われます。これがバブルの頃の養老保険のように「お宝保険」と呼ばれるものです。

 

損することはあるの?

貯蓄に向いている保険ですが、損することはあるのでしょうか。
早期解約すると、払い込んだ保険料より、解約したときの払戻金が少なくなり、元本割れする場合があります。ですから、保険で貯蓄するには計画性が必要です。

また、解約したり満期をむかえると現金を受け取れますが、保障も一緒になくなるのでご注意を!将来を見すえて計画的に運用するには保険は最適です!

無料保険相談のお申込みはこちら 無料保険相談を申込む ー お電話でのお問い合わせ・お申込み ー
プライバシーマーク(Pマーク)
トップへ