保険料を節約したい

保険の見直しポイントがわからない!

「今支払っている保険料は適切な保険料ですか?」
「保険加入時に必要だった保障は今も必要?」
そう聞かれたときにハッキリ答えられる人は少数です。そこで保険料を節約するときのポイントをお伝えします。

そもそも必要な保障って何?

生命保険の必要な保障の計算は「万が一の時に、遺された家族が生活するのにいくら必要」という考えのもとで計算されます。ライフプランや、家族の年齢、年収などによって変わってくるので、家庭によって違います。

住宅ローン 生命保険が団体信用保険でカバーされるので節約できる!
住宅維持費 固定資産税やリフォーム
予備費
教育費 子ども1人あたり1,000万円~2,500万円が目安
生活費 配偶者に収入があれば、相当分を減額できる

まず、「現時点での必要な保障額」を把握することが大切。
そして「保険に加入する目的」をしっかりすること。そこから節約ポイントを探します。

住宅購入は保険料節約のタイミング

住宅ローンを組む時に必ずと言っていいほど加入する団体信用保険(通称:団信)。団信は住宅ローンの返済期間中に死亡、高度障害になった場合、生命保険会社が住宅ローン残高を一括返済してくれるというものです。

必要保障額の「住居費」の部分が団体信用保険でカバーされるので、そこが節約ポイント。万が一の時は住まいは保障されます。

子どもが大きくなったら必要保障額を再計算

子どもが産まれた時に生命保険に加入した時の保障額には「子どもが独立するまで、かかるであろう教育費」が入っている可能性があります。子どもが大きくなってきたら、その分節約できます。

例えば、子どもが20歳になら、大学生活はあと2年。0歳~20歳までの「教育費」はもう必要ありません。ここが節約ポイントになります。

節約のためには3年ごとの見直しが必要?

自分が加入した保険の保障内容は、日々の生活の中で忘れてしまいがちですが、保険料は支払続けています。3年に1度は、今の生活や、将来のライフプランにあっているかを、確認することが大切です。

必要保障額の計算は無料相談できる提携ファイナンシャル・プランナーにお任せ!
たくさんの保険会社の中から、同じ保障額で保険料が安い保険を探してくれるから、大きな節約になるにゃ!

無料保険相談のお申込みはこちら 無料保険相談を申込む ー お電話でのお問い合わせ・お申込み ー
プライバシーマーク(Pマーク)
トップへ