病気にそなえたい

入院したらいくらかかるの?

健康な人ほど病気になった時のことを想像しにくいと思いますが、いったい1回入院するとどれくらいの費用がかかるのでしょうか。

直近の入院時の1日あたりの自己負担費用

生命保険文化センター「平成22年度生活保障に関する調査」を見ると、高額療養費制度を利用しても自己負担額の平均は日額21,000円、占める割合では10,000円~15,000円が最も多くなっています。個室利用などの差額ベッド代(平均5,829円 厚生労働省調査)が大きな割合を占めています。

収入が減少する

入院や手術で大変なのはその間の収入の減少です。

会社を休業したらどうなるのでしょうか。仕事を休んだ日数や原因によっては、傷病手当金や休業補償などをうけれる場合もありますが、収入は約66%~80%に落ち込みます。受給対象外の方は無給になる可能性があります。また、職種や業種によっては転職をよぎなくされる場合もあります。

医療保険に加入する意味は?

医療保険は入院手術費の補てんというよりは、その間の収入の減少にそなえるためと考えます。

もちろん、入院・手術の費用となれば高額の医療費になり、家計からの出費は痛いところ。高額医療費制度を利用しても、一般的な収入の世帯で月8万円程度の出費になります。たとえ一週間の入院でも、月末月初をまたぐと2ヶ月にわたって支払うことになります。

また、入院しても家賃などの固定費はかかり、家族の生活費も必要です。着脱しやすい服を購入したり、家族がお見舞いにきたときの外食代など、治療費以外の出費を含めると、普段の生活以上に出費が増えるのは簡単に想像できます。

そんな中で、収入が減ると家計はあっという間に火の車になります。医療保険は、ただの治療費の補てんだけではなく、減少する収入の補てんという意味合いで入院日額を決めることをオススメします。

また、通常の医療保険とは別に、治療が長期化するがん、心筋梗塞、脳卒中などに対応した保険もあわせて検討したいところ。診断一時金が受け取れたり、入院日数が無制限のものなどもあるので、長期治療に対するリスクも考えておきましょう。

入院・手術のあと、すぐに健康な生活はおくれないにゃ。
いろんな出費を考えると頭が痛いにゃ・・・
でも医療保険があれば生活が助かるから、安心して治療に専念できるにゃ。

税金が安くなる!?

医療保険にはお金の心配をせず治療に専念できるだけでなく、税制面でもメリットがあります。

医療保険料控除

医療保険に加入すると毎年、医療保険料控除を受けれます。これは年末調整や確定申告で申請することで、住民税・所得税が毎年軽減されます。

給付金の受取は非課税!

個人が生命保険から受け取った入院給付金は金額にかかわらず非課税です。
入院給付金のほか手術給付金、通院給付金、障害給付金、介護保険金、高度障害保険金などケガや病気で受け取る給付金などは、非課税になります。

これは「がんと診断されたら500万円」などの診断一時金の受け取っても、所得税を払わなくていいということ。安心して治療できます。

病気で怖いのは長期の治療が必要になったときにゃ。

JCBギフト券プレゼントキャンペーン
無料保険相談のお申込みはこちら 無料保険相談を申込む ー お電話でのお問い合わせ・お申込み ー
プライバシーマーク(Pマーク)
トップへ