妊娠・出産したときの保険の選び方

「ライフプラン」と「マネープラン」をしっかり考える

妊娠・出産は家族が増える大きなイベント。そして家族が増える分、出費が増えるタイミングでもあります。生活費、教育費、レジャーの費用など、それぞれが一人分増えます。特に教育費は最低1,000万円ものお金が必要になるため、すこしでも早く計画的に準備しておいた方がいいでしょう。

そこで考えたいのが「ライフプラン」。住宅購入など、今後予定している人生のイベントと、子どもの教育プランを表にしていきます。そこに、現実的にかかる金額をもりこんで「マネープラン」を立てましょう。

ライフプラン-表

ライフプランを実現させるために、一緒に考えておきたいのが「最悪の事態」。一家の大黒柱が倒れて収入が減る…など、万が一のときに必要なお金もしっかり考えておくべきです。 ここからは妊娠・出産時に考えておきたい、「教育資金」と「万が一の保障」の2つを説明します。

「教育資金」を準備しよう

子どもの教育資金は、親が思っている以上にかかるもの。子どもの進路によっては進学塾に通うこともあるでしょう。大学が自宅から遠く、独り暮らしをする場合には生活費も必要になります。これらの教育費をまかなうために、早めに貯蓄をはじめましょう。

かかる費用はどれくらい?

幼稚園~高校 大学 大学でかかる費用(4年間) 総額

全て公立

5,035,479円

国公立 5,184,000円 10,219,479円
私立理系 8,125,000円 13,160,479円

全て私立

16,782,339円

国公立 5,184,000円 21,966,339円
私立理系 8,125,000円 24,907,339円

文部科学省「平成24年度子どもの学習費調査」 / 日本政策金融公庫「平成25年教育費負担の実態調査」教育費負担の実態調査結果(国の教育ローン利用勤務者世帯)より

幼稚園~大学までの費用は約1,000万円~2,500万円。特に負担が大きくなるのは大学の4年間。国公立でさえ約500万円、私立理系なら約800万円の出費になります。

なかでも医学部は6年間と長く、学費が高額。国公立大学では学部に関わらず学費が一律の場合がほとんどですが、私立の医学部は約2,000万円~約4,700万円かかります。

教育資金の準備といえば学資保険!

学資保険はカンタンに効率的に貯蓄することができる上に、銀行預金より利率が良く効率的に貯められると人気です。

学資保険のメリット

活用の仕方によってメリットが増すのが学資保険です。祝い金が支払われるタイミングを、一番お金のかかる大学入学時に設定すれば、浪費を避けられます。

また学資保険は払い込み期間が長ければ長いほど、1回の保険料は安くなります。つまり生まれたらすぐに保険に入ることが、生活を圧迫せずに払い続けられるコツ。

最大のメリットは、親に万一のことがあれば、保険料の支払いは免除となり、満期には保険金が満額受け取れるところ。まさに備えあれば憂いなしです。

教育資金は子どもができた瞬間から考えるのがポイント。 どの学資保険が元本割れしなくて返戻率が高いかは、複数の保険会社から公平に教えてくれる提携ファイナンシャル・プランナーに聞いてみるにゃ!

家族が増えるタイミングで生命保険の保障額の見直しを!

子どもが生まれて家族が増えると、食費をはじめ生活費、教育費などが増えるので、万が一のときのに必要な金額も増えます。

もし、ご主人が亡くなると、残された奥さまが1人で子どもを育てることになります。保険がなければ、奥さまの収入だけで、残された家族の生活費と子どもの教育費をまかなわなければなりません。想定外の急な出費があったり、奥さまが働けなくなって収入が減ったりすれば、家計は破たんしてしまうでしょう。残された家族の生活を守るためには、保険で備えることが必要なのです。

一家の大黒柱はご主人が多いので、奥さまが亡くなったときの経済的ダメージはそれほど大きくないかもしれません。しかし、子どもが小さければ、夜遅くまで開いている保育所に預けるなど、これまではなかった子どもの出費が生じます。また、奥さまが働いていた場合は、その分の収入が減ってしまいます。奥さまが亡くなっても同様に備えは必要になるのです。

実際保障はどのくらい必要?

万が一のことがあったら家族は精神的にも大ダメージを受けます。大切な人を失ったショックの中で、現実的なお金の心配をすることに。保険さえあれば、お金のことだけでも負担にならなくて済みます。 では実際にどのくらい保障が必要なのでしょうか。

実は必要になる保障は、家庭によって違ってきます。 生活費・住居費・教育費を大きな支出として算出し、遺族年金や自己資産などあてにできる収入を差し引くという考え方が一般的です。

例えば妻と子ども2人がいる40歳男性の場合。 遺された家族に必要なお金は、なんと約1億3,150万円!公的保障などで入ってくるお金は約9,830万円です。

1億3,150万円(支出) - 9,830万円(収入) = 3,320万(必要な保障)

このご家庭の場合は3,320万円が必要な保障額になります。

ライフプランの変更や経済状況の変化などによって必要な保障金額は変化します。このため、定期的に保険の見直しをすることが大切です。

自分の家庭にどれくらい保障が必要かは、無料で計算してくれる独立系ファイナンシャル・プランナーに相談にゃ。

誰から保険に入る?は意外と重要

どこの会社の保険に加入しようか悩む方は多いですが、誰から保険に入るかを考えている方はまだまだ少ないようです。保険の加入方法は「保険会社の営業」「保険代理店」「独立系ファイナンシャル・プランナー」などがあります。

保険会社の営業 自社の保険しか提案できない
保険代理店 提携している複数の保険を提案できる
独立系ファイナンシャル・プランナー 企業に所属せず、中立な立場で複数社の保険を提案できる

ほけんの時間では、独立系ファイナンシャル・プランナーをご紹介しています。

中立な立場で、お客様に必要な保障を無料で診断、見直しが必要な場合のみ、保険提案を行うサービスです。

ほけんの時間の提携ファイナンシャル・プランナーは、平均経験年数7年以上の経験豊富な人ばかり。あなたと一緒に、ライフプランとマネープランを考え、各ご家庭にあった提案を行っています。さらに、加入時だけでなく、給付金の請求時にも担当がしっかり書類の準備やアドバイスを行うので、安心が続きます。 何度相談しても無料。保険に加入する必要もないので、この機会に一度、相談してはいかがでしょうか。

無料保険相談のお申込みはこちら 無料保険相談を申込む ー お電話でのお問い合わせ・お申込み ー
プライバシーマーク(Pマーク)
トップへ