医療保険

医療保険とは

医療保険とは、病気やケガをした時、入院、通院、手術費用の負担を減らし、その間減少した収入の補てんのためにかける保険です。

入院・手術の自己負担はどれくらい?

直近の入院時の1日あたりの自己負担費用

生命保険文化センター「平成22年度生活保障に関する調査」を見ると、高額療養費制度を利用しても自己負担額の平均は21,000円、日額10,000円~15,000円が最も多くなっています。個室利用などの差額ベッド代(平均5,829円 厚生労働省調査)が大きな割合を占めています。

収入が減少する

入院や手術で大変なのはその間の収入の減少です。家賃などの固定費に入院、手術の費用がかかり、その上通院や療養などでフルに働けなくなるのは簡単に想像できます。それにともなう収入の減少は日々の生活に大きなダメージをあたえます。

会社を休業したらどうなるのでしょうか。仕事を休んだ日数や原因によっては、傷病手当金や休業補償などをうけれる場合もありますが、収入は約66%~80%に落ち込みます。受給対象外の方は無給になる可能性があります。また、職種や業種によっては転職をよぎなくされる場合もあります。

その間の収入を補てんする意味でも医療保険の加入は大切です。

専業主婦の方などが入院した場合、治療費以外に子どもの預け先の確保や、予定しなかった家族の外食などで出費が予想されます。

入院・手術のあと、すぐに健康な生活はおくれないにゃ。
いろんな出費を考えると頭が痛いにゃー。医療保険があれば生活が助かるにゃ。

医療保険の選び方は?

では医療保険に加入するときは、どう選べば良いのでしょうか。

1、保険期間を決める

大きく分けて「終身型」「定期型」2つの保険期間があります。定期型は、さらに10年、20年など年数で決めるタイプと、70歳まで、80歳までと年齢で決めるタイプに分かれます。

2、保険金額を決める

入院給付金

1日5,000円、7,000円、10,000円など、金額設定ができます。

手術給付金

どんな手術でも一律10万円などと、決められている定額制と、手術の内容によって、入院日額の何倍かの金額が支払われる倍率制があります。

3、入院日数の限度を決める

1回の入院限度日数と、保険期間中の通算入院限度日数を決めます。
1回は、30日、60日、120日、180日、360日。730日以上もあります。
通算は、730日、1000日などがあります。

オススメは終身の医療保険にゃ!
死ぬまでの保障だから、老後の収入が減ったときも安心にゃ!
どの保険会社の医療保険が良いかは、保険会社に属していない独立系のファイナンシャル・プランナーに相談するにゃ!

税金が安くなる!?

医療保険にはお金の心配をせず治療に専念できるだけでなく、税制面でもメリットがあります。

医療保険料控除

医療保険に加入すると毎年、医療保険料控除を受けれます。これは年末調整や確定申告で申請することで、住民税・所得税が軽減されます。

給付金の受取は非課税!

個人が生命保険から受け取った入院給付金は金額にかかわらず非課税です。
入院給付金のほか手術給付金、通院給付金、障害給付金、介護保険金、高度障害保険金などケガや病気で受け取る給付金などは非課税です。
これは「がんと診断されたら500万円」などの診断一時金の受け取っても、所得にはならないので所得税を払わなくていいということ。安心して治療に専念できます。

入院給付金が非課税なのはうれしいにゃ!お金の心配をしなくて済むのは大きな安心だにゃー!

無料保険相談のお申込みはこちら 無料保険相談を申込む ー お電話でのお問い合わせ・お申込み ー
プライバシーマーク(Pマーク)
トップへ