収入保障

収入保障保険

収入保障保険とは

収入保障保険とは、被保険者(保険の対象となっている人)が亡くなったとき、あるいは所定の高度障害状態(病気やけがなどによって体の機能が一定以上損なわれている状態)などになった際に、保険金(収入保障年金または高度障害年金)が年金形式(給料のように毎月給付)で受け取れる保険のことです。
毎月決まった額が受け取れる性格上「のこされた家族の生活費をカバーする保険」と考えるとわかりやすいかもしれません。
定期保険のひとつですが、保険料は定期保険よりもさらに安く設定されています。その理由は、保険期間の経過につれ受け取れる金額が減っていく仕組みだからです。
一見ややこしく思えるこの仕組みですが、実は子育て世帯などにとって理にかなっている面があります。次から詳しくみていきましょう。

こんな方は収入保障保険を
検討してみましょう

・子どもがまだ小さく、これから教育費がかかる
・自営業やフリーランスで、公的な保険のフォローに不安がある
・万が一のときの家族の生活は守りたいが、保険料は抑えたい

定期保険とどう違う?収入保障保険のメリット

収入保障保険は定期保険の一種です。どちらも「被保険者が亡くなった(高度障害状態になった)ときの、のこされた家族への備え」「保険期間が決まっている掛け捨てタイプ」である点が共通しています。
では、どんな違いがあるのでしょう。ポイントとなる点をまとめました。

定期保険 収入保障保険
保険期間 10年、20年など年数で決める商品が主流 60歳、65歳など年齢で決める商品が主流
更新 あり なし
保険料 更新ごとにアップ 加入時で固定
受け取り時の保険金額 保険期間中であれば同じ金額が受け取れる 保険期間の経過とともに減っていく
受け取り方法 基本的に一括 年金方式(一括も可能)
定期保険の仕組み
収入保障保険の仕組み
まず、定期保険の概要からみていきます。保険期間は10年、20年など年数で決めるものが多く、その間に万が一のことがあった場合にまとまった保険金が給付されます。保険料は掛け捨てで、他のタイプの死亡保険(終身、養老など)より安くなっています。無事に保険期間を終えると、自動更新されるかあらためて加入し直すことになり、その際は保険料がアップします。 収入保障保険も掛け捨てタイプの保険で、保険期間は60歳、65歳など被保険者の年齢で決める商品がほとんどです。その間に万が一のことがあった場合、残りの保険期間、保険金が給料のように毎月給付されます。ここが収入保障保険の大きなポイントです。

【例】夫30歳 妻30歳 子ども0歳の家庭で、夫が30歳で収入保障保険に加入

保険期間:60歳 
受け取る保険金額:毎月10万円

case1)夫が加入後すぐに亡くなったら
残りの30年間、毎月10万円が給付される(10万円×12ヶ月×30年=3,600万円)

case2)夫が50歳のときに亡くなったら
残りの10年間、毎月10万円が給付される(10万円×12ヶ月×10年=1,200万円)

このように、残りの保険期間が短くなるほど受け取れる保険金の総額は少なくなります。そのため、保険期間内であれば年齢にかかわらず決まった保険金が受け取れる定期保険より、保険料が安く設定されています。
保険期間満了が近くにつれ受け取れる保険料の総額は小さくなりますが、例えばcase2の場合、子どもは20歳。大学生であればあと数年は学費がかかりますが、卒業後は教育費がなくなり、家計の負担は軽くなるはずです。つまり、子どもの成長につれ保障は小さくなってもじつはそれほど差し障りない、と考えることができるわけです。
そのほかのメリットもまとめると以下が挙げられます。
・割安な保険料で、大きな保障が必要な時期を合理的にカバーする
・給料のように毎月受け取れるので、生活が安定しやすい
・保険料は加入時で固定されるため、保険料が上がることがない
これらを踏まえると、小さい子どもがいる家庭に加え、公的医療保険や公的年金のフォローが会社員よりも少ない自営業やフリーランスの方なども、収入保障保険がいざというときの選択肢になり得そうです。

一括だと2割減も?収入保障保険の注意ポイント

メリットがある一方で、デメリットや注意点もあります。
まず、デメリットは大きく2つ。
定期保険と同じく掛け捨てタイプで解約返戻金がないため、中途で解約してもお金は戻ってこない点、そして保険金は毎月受け取れる年金方式なので、たとえば葬儀費用や入学初年度の入学金など、まとまったお金が必要なシーンへの備えとしては向かない点です。
年金方式ではなく一括でまとめて受け取る方法を選ぶことも可能ですが、その場合は総額が年金方式の8割程度になることがほとんどなので、ここも注意しておきましょう。
必要な保障は人によってそれぞれ異なります。終身保険や定期保険といったその他の死亡保険と比較したり、加入するとどうなるかをシミュレーションしたりしながら、納得できるものを探してみてはいかがでしょう。

不明点や詳細が知りたい場合は
『ほけんの時間』のFPに相談

FPならだれでもいいわけじゃありません!

『ほけんの時間』は日本でトップクラスのFPだけを紹介する唯一の会社です。


― お電話でのお問合せ・お申込み ―
受付時間 9:00~18:00(土日祝除く)