火災保険

火災保険

火災保険とは

火災保険とは、火災や落雷などでの建物、家財の損害を補償する保険です。商品によっては、風災や水災、雪災による損害なども含まれます。

任意の保険ではありますが、住宅を購入しローンを組む際の条件として火災保険の加入が含まれていることがほとんどです。そのため、住宅ローンを組む金融機関から提携商品をすすめられるケースも多いですが、必ずしもその商品に加入しなくてはならないわけではありません。

近年では、自分で必要な補償を選べるカスタマイズ性の高い火災保険も登場しています。より納得できるものを選べるよう、加入の前にさまざまな保険を比較してみましょう。

こんな方は火災保険を
検討してみましょう

・マイホームを購入する予定がある
・ゲリラ豪雨や台風など、住まいのリスクに備えたい

火災保険の基礎知識

火災保険に入ると、どんな損害がカバーされるのでしょう。
まず補償の対象は、以下3つのパターンから選ぶのが一般的です。

【補償の対象】

1:建物(動かせないもの)のみ 建物本体・門扉・塀・車庫、ふすま、畳など
2:家財(建物内にあり動かせるもの)のみ 家具・家電・洋服・カーテンなど
3:建物・家財両方 上記の両方

一戸建ての場合は、3を選ぶことがほとんどでしょう。一方、賃貸であれば2の家財のみで問題ありません。

次に、どんなリスクに対して適用されるのかをみていきます。

【補償内容】

火災・落雷・爆発 失火やもらい火、落雷などでの火災や、ショートによる家電の破損、ガス漏れによる爆発や破裂での建物の破損など
風災・雹災・雪災 風や雹(ひょう)、雪による建物の破損
水災 大雨による床上浸水など
漏水 漏水による建物や家財の破損など
盗難 盗難にともなう、盗取・損傷・汚損による破損など

このほか、飛来物(車が突っ込んできた、ボールで窓を割られたなど)による破損、デモといった集団行為による破損などが補償に含まれる商品もあります。

【保険料の支払われ方】

たとえば、保険金の上限を2,000万円に設定した建物が台風で破損したとします。そのときの修理費用が1,000万円であれば、支払われる保険金も1,000万円、10万円だったら10万円といったように、実際にかかった修理費用が保険金として支払われます。

有価証券は対象外?火災保険の注意ポイント

住まいのリスクを幅広くカバーする火災保険ですが、補償に含まれないものがあるなど気をつけておきたいこともあります。

地震での火災は対象外

地震が原因での火災の場合、火災保険は適用されません。地震のリスクに備えたいときは、火災保険に加え地震保険も検討しましょう。

地震保険でカバーされる損害は、地震や噴火・津波を原因とする火災・損壊・埋没・流出による損害です。火災保険の保険料は商品ごとに異なりますが、地震保険は官民一体の制度のため、どの保険会社で加入しても料金は変わりません。

ちなみに、地震保険は火災保険とセットで加入する必要があります。地震保険のみ単体で加入することはできません。

現金や有価証券は対象外

契約時に特別な明記がないかぎり、以下は対象外になります。
・自動車
・動植物
・現金・小切手・有価証券など
・パソコン内などのプログラムやデータなど
・建物の外への持ち出し中に起こった損害

また、30万円を超える貴金属や書画、骨董などを保険の対象にするには、契約時に申告が必要です。

長期契約の火災保険は見直しを

保険期間が35年など、長期契約している火災保険は要注意です。なかなか見直しの機会がないため見過ごしてしまいがちですが、じつは補償に過不足が生じているケースが少なくありません。

端的に言うと、現在の住まいの価値(評価額)と補償額が合っていないため、保険料を多く支払い過ぎていたり、いざというときにじゅうぶんな補償が受けられなかったりする可能性があるのです。もし心当たりがあれば、見直しを検討しましょう。

大型台風の上陸やゲリラ豪雨などで、これまでは大きな災害がなかったエリアがダメージを受けるケースも増えています。いざというときに備え、火災保険も見直してみてはいかがでしょうか。

不明点や詳細が知りたい場合は
『ほけんの時間』のFPに相談

FPならだれでもいいわけじゃありません!

『ほけんの時間』は日本でトップクラスのFPだけを紹介する唯一の会社です。


― お電話でのお問合せ・お申込み ―
受付時間 9:00~18:00(土日祝除く)