自動車保険

自動車保険

自動車保険とは

自動車保険とは、自動車に関連した事故などで起こりうる損害を補償する保険のことで、大きく「強制保険(自賠責保険)」と「任意保険」があります。

強制保険(自賠責保険)は、法律により自動車(オートバイを含む)や原動機付自転車を運転するすべての人の加入が義務付けられている保険です。主に交通事故などで相手にけがをさせたり、命を奪ってしまったりしたときの賠償に備える保険ですが、補償額には限度があります。また、相手の車やモノを壊したときなどの補償は対象外です。

対する任意保険は、対人賠償だけでなく物損や自分のけがの治療費、自分の車の修理費用など、強制保険ではカバーしきれない部分を補う、損害保険会社が扱う保険です。
強制保険は最低限の補償に限られるため、任意保険にも加入するケースがほとんどです。ここでは任意保険について知っておきたいことをみていきましょう。

任意保険(自動車保険)の種類

任意保険の補償は、大きく「相手への補償」「自分や同乗者への補償」「自分のクルマへの補償」の3つのカテゴリに分類され、そのなかでもいくつかの種類があります。代表的なものをみていきましょう。

【相手への補償】

補償の種類 概要
対人賠償保険 相手を死傷させてしまった場合の保障。
自賠責保険の補償限度額を超えた部分に対して保険金が支払われる。
対物賠償保険 相手の車や、ガードレール、壁といった物を壊したときの保障。

【自分や同乗者への補償】

補償の種類 概要
人身傷害
保険
自分や家族が事故に遭ったときに備える保険。事故によりかかったけがの治療費などの実費がカバーされる。自動車搭乗中だけでなく、歩行中や自転車走行中が含まれることも。
搭乗者傷害
保険
搭乗者が死傷した場合の保障。
搭乗中の全員(運転者も含む)を対象に保険金が支払われる。
自損事故
保険
運転ミスで電柱にぶつかったなど、相手がいない単独事故で自分や同乗者が死傷したときに保険金が支払われる。
無保険車傷害
保険
事故に遭った際、相手側が任意保険未加入などでじゅうぶんな賠償が見込めないときの補償。
自分が加入している保険会社から保険金が支払われる。

【自分の車への補償】

補償の種類 概要
車両保険 事故で契約中の車が破損した場合の補償。
相手がいる事故のほか、単独事故や自然災害による破損、盗難などが補償の対象になることも。

このほか、ロードサービスや弁護士費用の補償、車以外で誰かにけがをさせてしまったりモノを壊してしまったときに生じる個人賠償責任への補償などをオプション(特約)でつけられる商品もあります。

任意保険(自動車保険)に入る前に!知っておきたい3つのポイント

たくさんの種類や数がある任意保険(自動車保険)。選ぶときには補償内容や保険料に目が行きがちですが、保険選びの前に最低限チェックしておきたいことがあります。それぞれみてみましょう。

万が一のとき、任意保険(自動車保険)と生命保険はダブルで受け取れる?

死亡保険と人身傷害補償保険に加入している人が車の事故に遭い亡くなってしまった場合、保険金はそれぞれの保険会社から支払われます。
医療保険と人身傷害補償保険に加入している人が車の事故でけがをした場合も同様に、それぞれの保険会社から、決まった保険金や給付金が受け取れます。
つまり、すでに加入している保険でけがなどの備えがじゅうぶんであれば、重複する内容の任意保険(自動車保険)は加入せず保険料をセーブすることもできるわけです。
むだなく備えられるよう、それぞれの保険の内容を確認しておきましょう。

「相手への補償」は無制限が安心

対人賠償保険や対物賠償保険といった、自分が加害者となった場合の「相手への補償」の金額は、「無制限」に設定するのが一般的です。
強制保険(自賠責保険)にも入っているのに?と思われるかもしれませんが、強制保険には補償に限度額があります。

【強制保険(自賠責保険)の限度額】

補償内容
(被害者1名)
けがなどヘの補償 後遺障害への補償 死亡への補償
限度額 120万円 要常時介護:
4,000万円
要随時介護:
3,000万円
上記以外の後遺障害 
3,000〜75万円
3,000万円

事故を起こし誰かを死傷させてしまったときの補償金額は高額になるケースが少なくありません。実際、賠償金が億を超える判決もあり、自賠責保険だけでカバーするのは難しいのが現実です。
このような理由からも、相手への補償は上限を設けない「無制限」とするのが安心でしょう。

ファミリーなら個人賠償責任特約はつけておいた方が◎

たとえば、子どもがうっかりお友だちのゲーム機を壊してしまった、自転車で通行人にけがをさせてしまったなどのときに賠償責任が発生することがあります。このようなもしもに備えるのが個人賠償責任保険(特約)です。

ほとんどの任意保険(自動車保険)では、個人賠償責任への備えを特約としてつけられます。メインの保険料+毎月100円〜程度で特約をつけることができ、契約者だけでなく家族全員が対象になりますので、とくに子育て中のファミリーは個人賠償責特約をつけておくと安心といえるでしょう。
ただし、火災保険など他の保険ですでに加入していることもありますので、事前にチェックしましょう。

さまざまなリスクにむだなく賢く備えられるよう、保険の新規加入を検討するときは、すでに加入しているの保険の再点検もセットで行いましょう。

<出典・参考>
国土交通省「自賠責保険ポータルサイト」
https://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/04relief/index.html

不明点や詳細が知りたい場合は
『ほけんの時間』のFPに相談

FPならだれでもいいわけじゃありません!

『ほけんの時間』は日本でトップクラスのFPだけを紹介する唯一の会社です。


― お電話でのお問合せ・お申込み ―
受付時間 9:00~18:00(土日祝除く)