転職したら

転職したら

終身雇用制度が揺らぎ働き方が多様化する昨今、転職を経験する人も珍しくありません。環境が変わるタイミングは、家計やお金のことを見直すチャンス。今後のライフプランの再確認と同時に、必要な保障を合理的に確保できるよう保険も見直してみましょう。

人生の転期には保険も見直しを

転職は人生のターニングポイントです。仕事はもちろん、環境や人間関係などさまざまな変化があるでしょう。
お金のことも、そのひとつ。年収自体はそれほど変わらなくても、ボーナス別の月収制からボーナス込みの年俸制になれば毎月のやりくり方法が変わりますし、会社の福利厚生や年金制度の違いなどから予定していた将来の蓄えが増減する可能性もあります。

このような変化にも対応できるよう、転職のタイミングであらためて今後のライフプランを立ててみるのと同時に、保険も整理してみましょう。

「必要な保障」はどう変わる?転職 before → after

まず知っておきたいのが、会社員と自営業・個人事業主(フリーランスも含む)では、加入できる公的社会保険が異なる点です。

社会保険の
種類
会社員 自営業・個人事業主
公的
医療保険
健康保険組合
全国健康保険協会
(保険料は会社と本人が折半)
国民健康保険
(全額自己負担)
公的
年金
国民年金
(保険料は会社と本人が折半)
国民年金
(全額自己負担)
厚生年金
(保険料は会社と本人が折半)
雇用
保険
雇用保険
(保険料は会社と本人が折半)
労災
保険
労災保険
(会社が全額負担)

会社員の場合、その会社に所属した時点でさまざまな公的社会保険に加入することになり、保険料は会社が半分負担することになっています。一方、自営業や個人事業主など雇われていない立場になると、医療保険は国民健康保険、公的年金は国民年金のみに限られ、保険料も全て自分で支払うことになります。

このように公的社会保険でカバーされる範囲が異なるため、民間の保険での備え方も転職後の職業が会社員か自営業かによって異なります。それぞれみてみましょう。

パターン1)before:会社員
→ after:会社員

年収が変わる場合は、死亡保険の保障金額が適切かどうかを見直しましょう。同時に、このタイミングで医療保険の保障内容もチェックを。医療保険は常にその時代のニーズに合う新しい商品が発売されるので、定期的に見直すとよいでしょう。
外資系企業やスタートアップ、ベンチャーなどへ転職する場合、会社に退職金制度がないケースが珍しくありません。老後資金が不安であれば、個人年金保険や貯蓄型保険などで備える方法も選択肢に入れるとよいかもしれません。
また、転職先の福利厚生や年金制度も要チェックです。前職で「団体保険」や「確定拠出年金」、「確定給付企業年金」などに加入していた場合は、転職先に制度があるか、前の会社で加入していたものを継続・移行できるかなどを確認しておきましょう。

<保障内容を見直したい保険>

・死亡保険 
・医療保険

<加入を視野に入れたい保険>

・個人年金保険 
・貯蓄型保険

パターン2)before:会社員
→ after:自営業・個人事業主

たとえば会社員の場合、病気などで何日も会社を休むことになったら、傷病手当などで減った収入をカバーすることができますが、自営業や個人事業主が加入する国民健康保険にはこの制度がありません。また、勤務中のけがや仕事が原因で病気になったとき、これらが原因で休業したときなどに保険金が給付される労災保険も加入対象外(※)のため、仕事中になにかあってもカバーされません。
また、公的年金も国民年金のみの加入になりますので、将来受け取れる年金の額に差がうまれます。
会社員時代に比べてどのくらい保障が薄くなるのかをまずは洗い出したうえで、不安な部分は民間の保険などで備える必要がありそうです。
※条件や業務内容によっては特別加入制度が利用できるケースがあります。

<保障内容を見直したい保険>

・死亡保険 
・医療保険

<加入を視野に入れたい保険>

・就業不能保険 
・個人年金保険 
・がん保険

逆に、自営業や個人事業主から会社員になる場合は公的社会保障が厚くなりますので、民間保険での備えをダウンサイジングすることで保険料を抑えられる可能性が高くなります。

収入保障保険は通知が必要になることも

死亡保険や医療保険など生命保険会社が扱う商品は、転職にあたりなんらかの手続きが必要になることはほとんどありません。
ただし、損害保険会社が取り扱う収入保障保険や就業不能保険などに加入している場合、保険会社への通知が必要になることがあります。転職が決まったら、早いうちに問い合わせておきましょう。

必要な保険や保障は、その時々で変わります。状況に合わせて合理的に選んでいけるよう、節目節目で見直していきましょう。

不明点や詳細が知りたい場合は
『ほけんの時間』のFPに相談

FPならだれでもいいわけじゃありません!

『ほけんの時間』は日本でトップクラスのFPだけを紹介する唯一の会社です。


― お電話でのお問合せ・お申込み ―
受付時間 9:00~18:00(土日祝除く)