住宅購入がきっかけで、貯蓄と保障のグレードアップに成功!

住宅購入がきっかけで、貯蓄と保障のグレードアップに成功!
住宅購入をきっかけにご相談をいただきました。共済保険で必要な保障は足りていましたが、将来的に掛け金があがったり、高齢になると保障が減ってしまうので、年齢が若い今のうちに見直し、一生保障が続く保険に切り替えた事例です。

ご相談者さまの基本情報

地域
千葉県
お名前
H.Sさん
年齢/性別
31 歳 / 男性
職業
公務員
ご家族
妻・29歳 こども0歳

ご相談者のきっかけ・お悩みとご要望

きっかけ

新築の住宅を購入し、団体信用生命保険に加入。また火災保険も加入。

お悩み・ご要望

  • 死亡保障の見直しがしたい
  • ローンの繰り上げ返済がしたい(保険料があがり続けるので返済できるか心配)
  • 将来がんになるかもしれないのが心配

相談時に入ってきた保険

  死亡保障 医療保障 保険料
団体信用保険

(契約者が死亡すると以後の住宅ローンが免除され、家が家族に残る保険

住宅ローン残高分 住宅ローンの金利に含まれる
A共済 3,000万円

(5年毎更新)

5,000円/1日

(5年毎更新)

1,500円

(5年毎更新で保険料があがっていく

  死亡保障 医療保障 保険料
A共済 400万円 4,000円/1日 2,000円

提携FPからのご提案

提携FPが感じた問題点

共済だと5年更新のため、5年毎に掛金があがり、今は安くても将来的に保険料が割高になってしまい家計を圧迫します。また、団体信用保険で、万が一のときに必要な住居費部分の保障を減らせるのでは?

実際にご提案した保険

  死亡保障 収入保障 医療保障 保険料 目的
B生命 1,000万円

(終身:一生涯

解約返戻率が高いので貯蓄性が高い

1,341円

更新がないので保険料が一定

長く加入することで割安

子どもの教育資金と万が一の時の保障
C生命 万が一のとき、一生涯 1,704円

一定期間の保障のため、掛け金が割安

万が一の保障
D生命 5,000円/1日

がん診断一時金、先進医療特約を付加

2,410円 病気・ケガ、がんの保障

ポイント

B生命の終身保険は、万が一の保障と、将来必要なお金の貯金をかねる目的でご提案しました。
また、一定期間だけ保障額を増やすために定期の収入保障保険をご提案。万が一のときは毎月給料のように保険金を受け取れるので、月々の生活を安心して暮らしていただけます。医療保険はシンプルな保障で、がんに備える特約をつけ保険料を抑えました。

  がん治療保障 保険料 目的
E生命 上皮内新生物の手術、放射線治療をサポート 8,835円 がんの保障

ポイント

がんを心配されていたので、進化するがんの医療現場に柔軟に対応しているE生命のがん保険をご提案しました。
 

おわりに

共済保険を解約したことで、収入保障保険による万が一の保険金の充実以外に、将来のための貯蓄ができるようになりました。貯蓄性が高いので、解約すると解約払戻金を受け取れます。お子様の教育資金や老後資金など活用の幅は広がります。
また、心配されていた奥様の医療保険を充実させることができました。 住宅購入は、団体信用生命保険に加入するので死亡保障を減らせます。絶好の保険見直しのタイミングといえます。
無料保険相談のお申込みはこちら 無料保険相談を申込む ー お電話でのお問い合わせ・お申込み ー
プライバシーマーク(Pマーク)
トップへ