三田さん

高校3年生の時いくらかかるか
イメージできますか?

DATA

名前
三田さん
年齢
52 歳
家族構成
妻、娘(20歳)、息子(12歳)
出身地
東京都
FP歴
12 年
担当エリア
首都圏(主に埼玉、東京)
好きな食べ物
寿司
座右の銘
なせば成る

FPの良さがわかる ネコ先生のFPにゃんたびゅー

neko_icon
ファイナンシャルプランナーのやりがいを教えてにゃ

お客さまから信頼してもらえた時に、やりがいを感じます。

ファイナンシャル・プランナーの仕事は、今の生活のこと、未来の生活のことをお客様と話して、そのために何が必要かを提案することです。

未来のための準備として保険を利用することを、お客さまに納得してもらえて、ようやく保険の契約になる。それは、私のことを信頼してもらえたということだと思います。

だからこそ、お客さまとは長いおつきあいができいます。頻繁に会うわけではないけれど、病気になった時、入院した時、困った時に一番に連絡をもらっています

neko_icon
三田さんは、ほけんの時間のお客さまにどんな話をするにゃ?

お客さまによって違いますが、子育て世代のお客さまには、教育費についてお話することが多いですね。

実際、わたしも娘が大学に進学したばかりなので、大学進学時にかかる教育費について詳しくお話できます。

neko_icon
実体験だにゃ。三田さんはどれくらいかかったにゃ?

高校3年生の時いくらかかるかイメージできますか?

多くの家庭は、夏と冬に予備校に通います。 我が家の場合は夏と冬で10万円ずつでしたが、合宿などに行くと30万円ずつかかる場合もあります。

入試は、試験費用が大体1校3万円。高校の進路指導で最低10校は受けるようにと勧められました。
これだけで30万円かかります。そして合格したら入学金を支払い、その他に教材費がかかります。最近は授業でパソコンを使うので、それも揃えなければいけません。

結果、入学までに200万円はかかります。さらには運転免許の取得や成人式の振袖のお知らせまで学校からくるんです。

neko_icon
1年で200万円の出費は大変だにゃ。

正直、大変でした。なんて実体験を踏まえて、どうやって備えればいいかをお話ししています

neko_icon
どうやって備えるかは気になるにゃ!
 他にはどんなふうに相談にのるにゃ?

保険の考え方、必要性は、お客さまそれぞれ違います。 結婚しているか?
仕事をしているか?
子供がいあるか?今後作るのか?
など、人生のプランを聞いて、一つ一つ丁寧にプランを練っていきます。

neko_icon
人が違うように、人生のプランも違うんだにゃ。
 保険なんかいらにゃい!っていう人はいにゃいの?

保険の必要性を感じていない人もいると思います。
それはそれでいいんですよ。

ではお金を増やそうという要望はどうか?
銀行に入れていたって増えない時代です。でも貯蓄型の保険なら10年間や一定期間で増やせる
もちろん万が一の時は、保障もある。銀行に貯めていたら、貯めた以上のお金は出ませんが、
保険ならそれ以上の保障で守られる
んです。

neko_icon
それなら、お金を貯めるなら保険で貯めたらお得だにゃ。
最後にメッセージをお願いにゃ。

とにかく気軽に相談してください。お話しだけでいいんです。
「保険契約をしないといけない?」と考えている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。
将来のお金にどう備えればいいのか、とりあえず、色々と聞いてみてください。

無料保険相談のお申込みはこちら 無料保険相談を申込む ー お電話でのお問い合わせ・お申込み ー
プライバシーマーク(Pマーク)
トップへ