山本 さん

将来に「役に立つ」保険に!

DATA

名前
山本さん
年齢
31 歳
家族構成
独身
出身地
埼玉県
FP歴
6 年
担当エリア
首都圏全域、静岡、山梨、福島
好きな食べ物
目玉焼き(醤油派)
座右の銘
一生懸命

FPの良さがわかる ネコ先生のFPにゃんたびゅー

neko_icon
なんでFPになったにゃ?

元々、印刷会社の営業をしていたんですが、対人の営業をしたかったんです。
友人にその話をしたら、誘われてこの世界に入りました。

neko_icon
畑違いだにゃー!大変じゃなかったかにゃ?

もちろん大変ですよ(笑)
でも、たくさんのお客様に会えて、知識はどんどん深まりました。

neko_icon
山本さんが大切にしてることは何にゃ?
一番大切にしてるのは給付金ですね。
無理やりでも給付金が出せるように、ここは一番がんばります。
ちょっと漢字が違ったりするだけで、出ない場合があるので、そこはきっちりします。

やっぱりね、手術とかお客様が困ってるときこそ、力になりたいですよね。
給付書類なんかは郵送しないで病室まで持っていくことが多いです。
複数の保険会社に加入していると、自分で電話するのは大変です。
同じことを何度も言わなければならない、待たされる、手術してツライのに嫌じゃないですか(笑)
その上わかりにくいとなると、ストレスです。
「何のための保険」か、お客様を助けるための保険なんですから。
neko_icon
無理やりでも給付金を出す!ありがたいにゃー。
病室まできてくれるのは、病気でツライとき心強いにゃ。
最近、印象に残ったお客様はどんな人にゃ?

んー、みなさん印象に残っているんですが(笑)
そうですね。
貯金を保険にうつしかえた方がいたのですが、その方のお話をしましょうか。

ご夫婦で500万円づつ貯金をして、2人で1,000万円貯金されていました。
ここだけの話、奥様は旦那様には言えないへそくりを200万円されていました。

neko_icon
へそくり200万円?

へそくりもたれてる奥様って結構多いんですよ。
家計から少しずつ貯金される方も多いようですね。

そのご夫婦は保険でお金を貯めていくということに、驚かれました

neko_icon
夫婦で1,200万円の大金をどうしたにゃ?

まず、考え方として3つのお財布を持ってもらいます。

1つめの財布は短期貯金。
一時払い終身は3~5年後に元本を超えますので、短期の貯金です。
住宅ローンの頭金や、車の購入資金などですね。

2つめの財布は中期貯金。
学資保険など10~15年後に元本を超える貯金です。
大学の入学資金など、学費ですね。

3つめの財布は長期貯金。
こちらは20~30年後など長期をみます。個人年金や終身保険ですね。
老後資金にするものです。

保険でお金を貯めるれることを、そもそも知らない人が多いのですが、イメージ的には銀行から保険会社にうつしかえるだけ。
3つの財布を持つことで、その時その時、必要な貯金を現金化できるのがメリットです。
また、保険料として払うので、生命保険料控除を毎年受けることができ、節税効果もあります。
無駄遣いできないこともメリットですね。

neko_icon
3つの財布!たしかに目的をもった貯金は大事にゃ!

そうなんですよ。
もちろんご家庭によってウェイトが違いますので、どこの財布に重きをかけるかはご家庭次第です。

もちろん、貯蓄じゃなくて保障が欲しいというお客様もいます。
そういう方には更新がないかけすてのもので、一生涯の保障があるものをお話します。

neko_icon
素朴な疑問だけど、保険の見直しはみんなするものかにゃ?

みなさましていますね。
特に、ライフプランの見直しは全員と言っていいほどしています。
お子様が産まれたり、住宅購入したり、ライフステージによってご相談いただいていますね。

中には「住宅を購入するんだけど、どこの金利がいいの?」って聞かれることも(笑)

neko_icon
金利は保険関係ないにゃ(笑)

まぁそうですよね。
でもファイナンシャル・プランナーとして保険だけではない知識は幅広くもっていますので、そこはきっちりお答えします。

住宅ローンだけでなく、投資信託などもしっかりお話できないと、お客様の欲しい情報をお渡しできませんから。

neko_icon
欲しい情報を教えてもらえるのはたしかにうれしいにゃ。
最後にメッセージをお願いにゃ。

効率良くお金を貯めていく方法を、ぼくの持ってる知識で最大限お手伝いします。
不安に思っていることは、なんでもお答えしますのでお気軽に言ってください。

無料保険相談のお申込みはこちら 無料保険相談を申込む ー お電話でのお問い合わせ・お申込み ー
プライバシーマーク(Pマーク)
トップへ