個人年金保険のメリットは何ですか?

公的年金があてにならない昨今、注目の保険!
確実に老後資金を準備するならこれ!

平均寿命が伸び、60歳以上の生存率が9割以上の現代、老後の心配はつきものです。
さらに公的年金の支給に不安もあり、老後の生活資金は自分で用意しなければいけない時代になりました。

老後の費用に計画的に備えるなら、個人年金保険は おすすめです。

こんな方にオススメ

  • お金を貯めるのが苦手な方
  • 衝動買いなど、お金を計画的に使えない方
  • 無理なく、無駄なく、低リスクで老後に備えたい方
  • 投資や運用がわからない方

メリット

  • 銀行の貯金と違い、簡単には引き出せないので、
    確実に貯蓄ができる
  • 変額個人年金の場合は、
    運用によっては受け取る金額が増える
  • 契約により定めた期間、確実に年金を受け取ることができる
    保障期間付きの保険は、被保険者が亡くなっても、
    権利が家族に相続され契約で定めた期間、年金を受け取れる
  • 年間保険料が一定金額を超えた場合、
    個人年金保険料控除で所得税や住民税を軽減できる
  • 死亡保障としての保険機能も兼ね備えている
  • 基本的に持病があっても加入できる

個人年金保険には受取期間や受取金額でいくつかのタイプに分かれます。
もちろん、メリットも異なります。ご自身にあった個人年金保険を選んでください。

老後の夫婦2人の最低日常生活費が22.3万円、ゆとりある生活費は約36.6万円
公的年金ではまかなえない部分をしっかり備えましょう!

Q&Aを検索する
編集部のおすすめ記事
保険のよくある勘違い 医療保険は、通院だけでは給付金はおりません

医療保険は、通院だけでは給付金はおりません

医療保険で勘違いしやすいことをご紹介します。一番多いと言っても過言ではないのが、医療保険に加...
CMで有名、人気も上々だけど“要注意”な保険

CMで有名、人気も上々だけど“要注意”な保険

主に日本の老舗生命保険会社の主力商品「定期付終身保険」は定期期間が終わるとわずかな死亡保障し...
保険の落とし穴 給付される、されないのボーダーライン

給付される、されないのボーダーライン

いざ、保険金を申請するとき、保険金が保険会社から支払われなかったら大変。しかし、給付の条件は...
知りたい情報を探す
年齢・家族構成から探す
年齢
お子さま
 
知りたい情報を探す